バイアグラにはジェネリック医薬品と呼ばれる薬が存在して、バイアグラより安価で入手することができます。値段が安いからといって効き目が弱いということではありません。ジェネリック医薬品は一つというわけではないので、色んな名前の薬がありますが、有効成分は同じものが多いです。ED治療薬のジェネリック薬について紹介するのでご覧ください。

色々な薬

バイアグラは世界最初のED治療薬として人気があり、根強いファンが多くいます。
もともとED治療薬ではなく狭心症の治療薬として開発・製造が進められていました。
バイアグラの特許満了日が切れたことによって世界中でバイアグラのさまざまなジェネリック医薬品がリリースされています。
後発医薬品ということでかなり料金を抑えて購入することができ、先発医薬品と同じ成分で同じ効果を得ることが可能で世界中の人が利用している人気の薬です。

ジェネリックでもバイアグラと同様の効果

最近ジェネリック医薬品という言葉がよく聞かれますが、ジェネリック医薬品は後発医薬品になります。
後発医薬品の反対は新薬で、最初に多くの時間と開発費をかけて作られます。
新薬と同じ成分を同量使い同じ効果を持つ薬剤がジェネリック医薬品です。

新薬とは違う形状だったり味を変えて飲みやすくしたものも多く、さまざまな種類のジェネリック医薬品がリリースされています。
新薬の場合長年研究するので開発費用などが高額になるので販売価格がどうしても高くなってしまいます。
しかしジェネリック医薬品は開発費を軽減することができるので、新薬より安い価格で提供することが可能です。
特許期間が過ぎると他のメーカーから同じ成分で同じ効果の薬が市場によくリリースされるでしょう。
ジェネリック医薬品は製造工程がやや異なるケースがありますが、成分が新薬と同じなので同じ効果を発揮することができます。
更に効果を得るよう新薬には配合されていない成分を調合しているようなものもありますが、ジェネリック医薬品はかなり開発費を抑えて製造することが可能です。
新薬と同じ効果を得られるのか臨床実験も行っているので、安全で、安心して服用することができます。

バイアグラにはいくつかジェネリック医薬品があり、厚労省から認可されている「シルデナフィル」を有効成分とした勃起不全の治療薬です。
特許の切れていない時代からバイアグラのジェネリック医薬品は存在していて、これらはすべてインドの製薬会社のものです。
インド製のジェネリック医薬品にはさまざまな種類のものがあり、世界中で流通しています。
インドの場合2005年まで物質特許が実際認められていませんでした。
また、2005年以前に発売した国際特許が残っている医薬品も引き続き特許権を保持する製薬メーカーに合理的な実施料を支払うことによって、製造販売を続けることができたという経緯があります。
最近では一般的な錠剤タイプ以外にコップ1杯の水に錠剤を入れ溶かしてから飲むタイプや、ライチやグアバ、キャラメルやグリーンアップルといったさまざまなフルーツ味がそろったゼリー状タイプなども販売されています。
口の中で溶かして服用したり噛んで服用するようなチュアブルタイプがあるので、自分の好きなタイプを選択することが可能です。

やはり先発のバイアグラよりも安いのが魅力

ED治療薬にはさまざまな種類がありますが、ED治療薬の代表格であるバイアグラは人気があります。
バイアグラをクリニックで処方してもらう場合25mg1粒の価格は1,300円ぐらいで、50mgのものは1,500円ほどするでしょう。
クリニックによって価格にばらつきがあり、より高値で売却しているところもあります。
薬代はもちろん診察代を支払うことになり、誰でも簡単に購入することができるほど低価なものではありません。

高価なバイアグラではなくジェネリック医薬品を選ぶという選択肢もあり、バイアグラのジェネリックならかなり安い価格で購入することが可能です。
勃起効果はバイアグラと変わらず、バイアグラの主成分「シルデナフィル」を同じ分量含有しています。
オリジナルのバイアグラと同じ勃起効果を持っていて、ジェネリック医薬品は決して違法なコピー薬品ではありません。
ジェネリックは世界中で製造されていて、中でもインドはさまざまなジェネリック医薬品をリリースしている国です。
インドのジェネリック医薬品を使用している人は世界中にいて、数えきれないほどのバイアグラのジェネリック医薬品が製造されています。

ジェネリック医薬品の最大のメリットは値段が安いことで、日本で購入する場合は個人輸入代行サイトを利用することになるでしょう。
送料を含めてもオリジナルのバイアグラより安く注文することができ、購入手続きは通常のインターネット通販と同じです。
インターネットにある薬剤サイトを利用して注文すると、後日商品が送られてきます。
海外から直接郵送される場合もありますが、個人で消費する常識的な範囲の量であれば税関などで没収されることはまずありません。
クリニックでバイアグラを購入していて最近経済的な負担を感じている人なら、バイアグラのジェネリック医薬品を試してみる方法があります。
いろいろなジェネリック医薬品を見つけることができ、基本的な作用はオリジナルのバイアグラと同じです。
バイアグラが自分に合っているなら、ジェネリックを試してみても良いでしょう。
バイアグラと同じ効果のある薬を安い値段で購入することができ、薬剤サイトによってはお得なセットやキャンペーンなどを利用すると更にコストを下げることが可能です。

<バイアグラジェネリックの通販に興味があればこちらをチェック>

バイアグラもジェネリックも副作用はある

年齢を重ねると勃起不全に悩んでいる人は多く、男性の悩むや不安を解決してくれるバイアグラですが医薬品になるのでもちろん副作用が存在します。
副作用は得たい作用ではなく別の作用が起きてしまうことです。
個人輸入などのネット通販でも購入できるバイアグラですが、もともと処方されないと手に入れることができない医薬品なので適切に使用しないとリスクが増えます。
勃起薬の効果は大きなメリットですが、体質や体調次第によっていくつかデメリットやリスクも生むこともあるでしょう。

バイアグラの副作用は多くの人に起こることで、いろいろな症状を引き起こします。
副作用の主な症状として顔のほてりや目の充血、めまいや頭痛などがあげられます。
原因として血流を抑制する酵素の阻害が男性器はもちろん、身体全体に効き目があるからです。
他には鼻詰まりや筋肉痛のような腰痛、背痛や消化不良による下痢、視覚異常などが副作用として現れます。
また、過度の摂取は失明する可能性もあり用法や用量を必ず守ることが大切です。

副作用とは別に心臓が弱い人は要注意で、重篤な症状を引き起こすことがあります。
基本的にバイアグラを使用した9割近い人が副作用を何かしら実感しているので問題はないと言えるでしょう。
バイアグラが効いている時間はそれほど気にはなりませんが、添付文書をよく確認することをおすすめします。
バイアグラのジェネリック医薬品も同じく副作用があり、含まれている成分量も変わらないので効き目はもちろん副作用も同じものがあります。
副作用を軽減しているものもありますが、基本的にバイアグラのジェネリックが効果を発揮している間、ほてりや目の充血などが出る可能性があるでしょう。

ジェネリック医薬品も使用量などをきちんと確認し、体質や体調などと使用する量を把握してから服用することをおすすめします。
反対にバイアグラのジェネリックを服用しても顔のほてりや動悸・目の充血などのいくつかの症状が発生しない場合、効果が弱いという可能性もあります。
中には偽物が出回っていることもあるので、バイアグラの効果はもちろん副作用が出ているかということを、偽物を見分ける方法として参考にすることも可能です。
医薬品を購入する場合は信用できる店舗や人気の店舗を確認すると良いでしょう。 もし副作用があまりにも気になるという場合は、サイズプロウルトラのような副作用がなく勃起に効果の期待できるサプリメントを活用しましょう。

記事一覧

薬を飲む男性

スハグラと同じくらい高いジェネリック薬、シラグラ

シラグラはバイアグラのジェネリックで、基本的には同じ効果を得られる製品です。この種類の薬は医学的には ...

色々な薬

安価が魅力のジェネリック薬、カベルタ

最近は、ED治療薬が広く市販されている現状ですが、やはり安心して利用するためには、専門医に診療を受け ...

色々な薬

イギリス製のバイアグラジェネリック、シログラ

シログラはバイアグラと同じ成分であるクエン酸シルディナフィルを主成分とし、バイアグラのジェネリック医 ...

水を飲んでいる女性

ジェネリックの中では高めのスハグラ

精力に自信があり女性を満足させるのが当たり前だった男性でも、徐々に体力の衰えを感じる様になります。そ ...

心配している男性

確かな勃起力で人気のカマグラゴールド

インドの製薬会社が製造販売を行っているカマグラゴールドは、インドだけでなく世界中で愛用されており、日 ...