バイアグラにはジェネリック医薬品と呼ばれる薬が存在して、バイアグラより安価で入手することができます。値段が安いからといって効き目が弱いということではありません。ジェネリック医薬品は一つというわけではないので、色んな名前の薬がありますが、有効成分は同じものが多いです。ED治療薬のジェネリック薬について紹介するのでご覧ください。

イギリス製のバイアグラジェネリック、シログラ

色々な薬

シログラはバイアグラと同じ成分であるクエン酸シルディナフィルを主成分とし、バイアグラのジェネリック医薬品と呼ばれています。
クエン酸シルナディフィルは海綿体へ血流を促進することができ、勃起状態を維持することができるのでED治療薬として人気の薬です。
シログラの主成分クエン酸シルディナフィルはもともと狭心症の治療薬として開発された成分ですが、勃起不全の人に対してかなりの効果を得たことから新たにED治療薬として脚光をあびた歴史があります。
クエン酸シルディナフィルは体内で血管の弛緩に働きかけるサイクリックGMPを分解することができるPDF-5という酵素の作用を阻害することが可能です。
その結果性器周辺の血流が改善され勃起状態を維持することができますが、シログラは基本的にED治療薬なので性欲を増進させたりするような精力剤やいわゆる媚薬のように作用しません。
性的な刺激があってから初めて通常の性行為を持つことができるようになります。

性行為約30分前まで服用しておくと効率良く利用することが可能です。
おすすめなのが特に性生活に不満がある人やEDを治療したい人、勃起不全を解消したい人などに向いています。

シログラはイギリスのジマー社が製造しているED治療薬で、ジェネリック医薬品なので安く購入することが可能です。
日本向けの製品で取扱説明書も日本語になっているのできちんと確認することができるでしょう。
ED治療薬であるシログラの主成分である「クエン酸シルディナフィル」はもともと狭心症の医薬品ということで開発されたものです。
なので、心臓に疾患を持っている人や狭心症の症状などを改善するのにニトログリセリンといった薬を服用している人は、シログラは使用できないようになっています。
性交に耐えられないような心疾患のある人も服用は避けた方が良いでしょう。
併用禁忌薬があるので何かしらの持病で処方を受けていたり、サプリメントを摂っている人は副作用などもあるので一度医師に相談することをおすすめします。

インド製が多いバイアグラのジェネリック薬

バイアグラを安く購入したいのであれば、ジェネリック医薬品を購入するという方法があります。
ジェネリック医薬品は後発医薬品のことを指し、特許が切れている医薬品のことです。
先発医薬品の場合は開発コストや期間がかかる為に価格も高くなっていますが、後発医薬品の場合には開発コストを抑えることができるので価格も安くできるのです。
日本ではあまり普及していませんが、患者の負担を軽くする為に普及を推進しています。

バイアグラのジェネリックには、イギリス製のシログラという薬があります。
シログラはバイアグラと同様の成分シルディナフィルを配合し、服用することで血流を良くして海綿体へ血液が行き届きやすくする効果があるので、勃起状態を長時間維持することができる人気のED治療薬です。
しかし、現在の市場に流通しているバイアグラのジェネリックは、そのほとんどがインド製のものです。
インドでは医薬品の特許が特殊な環境にあるので、他の国では特許が残っている状態であってもジェネリックの製造・販売ができたのです。
インドと聞くと衛生状態が悪く薬の品質も悪いイメージを持つ人も多いでしょうが、インドは製薬大国であり日本の医薬品メーカーと提携している製薬会社も多数存在します。
特に、国境なき医師団が多くのインド製のジェネリックを用いて患者の治療を行っているのは有名な話です。
バイアグラのジェネリックも徹底した品質管理の下で製造されている為、品質的にも問題はなく副作用も正規品と同様のものしかありません。

インドの製薬会社ではバイアグラのジェネリック以外にも様々な精力剤や勃起力改善の薬を製造・販売していて、実際に使用した人からも正規品と同等の効果が実感できたと評判です。
また、インド製の薬は成分特許除外を世界に公認されている為、ジェネリックの場合でも独自に製造・販売を行っていることから正規ブランドのED治療薬になります。
さらに、価格的にもお得なものが多いですから、有効に活用することで費用を抑えることが可能となります。
そのため、副作用が心配だったり品質が疑わしい類似品を購入するよりも、インド製のバイアグラのジェネリックを購入した方が良いと言えます。