バイアグラにはジェネリック医薬品と呼ばれる薬が存在して、バイアグラより安価で入手することができます。値段が安いからといって効き目が弱いということではありません。ジェネリック医薬品は一つというわけではないので、色んな名前の薬がありますが、有効成分は同じものが多いです。ED治療薬のジェネリック薬について紹介するのでご覧ください。

安価が魅力のジェネリック薬、カベルタ

色々な薬

最近は、ED治療薬が広く市販されている現状ですが、やはり安心して利用するためには、専門医に診療を受けて、処方箋を受け取り、治療薬を処方してもらう方法がお勧めです。
類似品が多く出回っている状況ですので、ただ単に安いからといって安易に利用することは逆に身体の調子を悪くしてしまう危険性があります。

ED治療薬といえばバイアグラが有名ですが、このバイアグラのジェネリック医薬品として最近注目されているのがカベルタです。
カベルタとは、インド製のジェネリック医薬品で、シルデナフィルクエン酸塩という成分を含んだ医薬品になっています。
製造販売する製薬会社はランバクシー・ラボラトリーズ社というところで、日本ではあまり知名度は高くないですが、ジェネリック医薬品の部類では世界で10位以内に入っている実績のある大きな会社です。
7カ国に製造工場を持っており、医薬品も150カ国以上で発売されているという、インドでは最大手の製薬会社との評価がなされています。
それだけ信頼度も高く安心の薬品といえます。

効果や副作用は、もちろんバイアグラとほぼ同様の研究結果が発表されています。
抜本的な勃起不全の治療というよりは、勃起を自発的に促す薬品として、安全性も高く効果も大きいので、とても重宝される医療品です。
錠剤タイプですので、服用も時間をかけることなく手軽に行うことができるので、利用がしやすい点も魅力の一つになっています。
より大きな効果を得たい場合は、空腹時に摂取したほうが血液内に含有される量が増えるので、即効的な効果が期待できます。
これもバイアグラと同様の服用方法として利用できます。
通常は水と一緒に服用するものですが、特に指定はなく、どんな水分で摂取しても問題はありません。
ただ、アルコールに弱い方は、アルコールと一緒に摂取をすると、血流に含有される速度が加速されるため、血流が一気に高まり、倒れてしまうという危険性もはらんでいるので、避けるべきです。

ジェネリックの中でも安めの価格

ジェネリック薬を利用するメリットのひとつに、効果・効能は新薬とほぼ同じでありながら費用が安いことがあげられます。
ED治療薬バイアグラのジェネリック薬のカベルタも同様です。
カベルタは、ジェネリック薬として有効成分にバイアグラと同じくシルデナフィルクエン酸塩を含有しています。
シルデナフィルクエン酸塩は、勃起を終息させる作用を持つ体内酵素の働きをブロックする効果のある医薬品です。
バイアグラを服用することでこの体内酵素の作用が阻害され、勃起が継続するに必要な血管の拡張と血流が維持されます。
これが、ED治療薬としてのバイアグラの効果・効能です。
バイアグラのジェネリック薬として製造されているカベルタにもシルデナフィルクエン酸塩が配合されているので、同じように体内酵素の働きを遮断して勃起の持続をサポートします。

血管の拡張と血流に作用するので、バイアグラを服用することで多くの人に顔面の紅潮やほてり、動悸、軽い頭痛といった症状が発現し、これはシルデナフィルクエン酸塩のよくある副作用の症状です。
ほてりや動悸はシルデナフィルクエン酸塩の軽微な副作用なので、医師の指導の下に服用方法を守って使用していれば心配のいらないものです。
バイアグラのジェネリックであるカベルタにおいてもバイアグラと同じくシルデナフィルクエン酸塩が配合されているので、同様の副作用症状が高い割合でみられます。
特許期間の切れた先発品を他メーカーが同じ内容で製造するジェネリック薬は、開発や実験といったプロセスにコストがかかることがないので市場での薬価が安価です。
バイアグラのジェネリック薬の中でも、カベルタは特に薬価が安く設定されていて、安い費用で治療が受けられるのが大きな魅力となっています。